忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.04.28 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

必勝法のコーナー スワップ手法 その2

今回はスワップ金利で、ほったらかしの夢の金利生活の
第2回目としまして、前回の続き
高金利通貨のリスクについて書いて行きます。

合言葉は「1日1万円の金利収入ーーー!」

高金利通貨のリスクについて
スワップ派に人気のあるのは、NZドルです。
しかしそれ以上の高金利通貨である
南アフリカランドやトルコリラを買わず、
NZDをスワップ派が買うのはなぜでしょう?

それは、マイナー通貨である為に為替変動の予測が難しい
事(大資本に操られる恐れ)もありますし、
変動リスク(ボラティリティが高い)もありますが、
連動してそれよりもっと、恐ろしい懸念材料があります。

それは、南アフリカ、トルコリラの「超インフレ」リスクです。

この2国とも、常に政策発表の時にはインフレリスクについて
他の国より敏感に反応されます。

インフレとは、「自国の通貨の価値が下がる事」を意味します。
日本が今すぐ10倍インフレになると、
借金は10分の1になります。
そして100円のものが、1000円になります。
1ドル=120円が、1ドル=1200円になります。
考えられない位の円安です。為替損益も即ロスカットです。

分かり易く説明する為にトルコの歴史について少し書きましょう。

トルコは国の巨額の債務超過(借金)によって
1990年代以後、急激なインフレに晒されている国です。

1994年1月を100とする卸売物価指数で、
2001年1月は2686.8、2002年1月は5157.4、
2003年1月は6840.7、2004年1月は7576.5であった。 
トルコwikiより 

つまり、100円で買えていた物が
10年後は7500円以上してる事に・・・
国内でのインフレ対策に失敗し国際通貨基金IMFの
改革プログラムを2000年受けたが失敗・・・

2001年に変動相場制に移ったとたん、
対ドルの価値が50%下落・・・もう無茶苦茶

2002年にようやく持ち直した。
(それでも、上の数値を見れば分かるが、
01年~02年で2倍、02年~03年で1.3倍のインフレ進行)

朝お店に出した値札を、昼には倍の値段に変えていた
時期も末期にはあったそうです。アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ 

年に数回交通機関の料金改定は当たり前、
もうめんどくさいので、メニュー表に料金を書いていないお店も。

ユーロ圏にありながら、ユーロ加盟を拒否された国です・・・
(現在は、準ユーロ加盟国に・・・という展開)

そこで、膨れ上がった通貨の整理を行う為
新通貨を2005年1月1日に発行いたしました。
そのレート(100万トルコリラ=1新トルコリラ!!!)

日本で言うと20万の給料だと、2000億円もらっていた事に、
290円の牛丼が、「並盛り2億9000万円になりますー」
もう、何がなんだか分かりません。

そう、トルコリラは最近出来た通貨なのです。
ちなみに、昨年05年~06年の通貨の価値は・・・
10%下落・・・まだ10%インフレしてるじゃねーか・・・
ピークに比べたら、1.1倍と言うのは落ち着いてますけどね。
しかし、対ドルでは目だった下落をしていません。
国内の通貨は10%インフレしているのに、
対外外貨との価値が変わってないのが逆に不気味です。
高金利だから誰かが買いあさっているのかな?

そう言った意味で、ちょっとでもリスク要因が浮上すると、
すぐ超インフレが待っているのです。砂の城というか、
風で倒れるような、危ういバランス上で成り立っているというか。

実際変動幅、変動リスク(ボラティリティ)が
1ヶ月で20%変わる月もあるなど、やはり高いですね。

1日で50銭下落したよーなんて、
可愛く聞こえてしまうから不思議。
かといって、売りから入ると強烈な金利を払う側になるし・・・

売買やほったらかしが非常に難しい通貨であるといえるでしょう。
そんなギャンブル通貨のトルコリラは、
日本のFX業者ではJNSで取り扱っています。

同じくインフレリスクが高い、高金利の南アフリカですが、
南アフリカは、金やプラチナの世界的な発掘国ですし、
2010年には、オリンピックに次ぐ世界大会のW杯の主催国です。
資源の豊富さと国の発展性と、高金利を考えたら、
南アフリカの方が魅力があるようですね。

三菱フューチャーズのランド月足データ

1992年6月の1ランド50円から2001年末に9円まで
実に9年で5倍の対円通貨価値が5倍のインフレ・・・

タラレバの話は、射幸心を煽るだけなので虚しくなりますが、
ランドが2001年12月の9円代の時に、
90万円の資金でフルレバ100倍で9000万円分購入していたら、
現在16円ですので、1億6000万で7000万円の為替差益
そして、毎日1000万通貨分のスワップ金利(現在35000円)
が、ロスカット無く現在まで得られている事になります。

現在は通貨下落は収束し、15円辺りでで収まっていますが、
国内の犯罪率(治安の急速な悪化)は世界的な懸念材料であり、
政策金利を引き上げ続け(今後も引き上げる予定です)、
国内の金融(経済)引き締めを強化し続けると、
治安は更に悪化する恐れもあり難しい所です。

国民の4人に1人がHIVに感染していると言われているのも、
犯罪率の増加につながっているかもしれません。
平均寿命は40歳を切ると言われています。

生産力(国の基本価値)が人より埋蔵資源なのが強みです。
実際、南アフリカランドの取り扱いFX業者は増えてきました。
現在1通貨=16円と言う買い易さも魅力のようですね。

以上が、高金利通貨のリスクについてでした。
次回は、スワップ金利の必勝法について具体的に書いて行きます。


ちなみに、借金超大国の今の日本は、
破産前のトルコに非常に似ていると言われていますよ・・・



ニュースで話題の4億円脱税の主婦がやっていた投資!外国為替(FX)の徹底比較!
PR
 ランキング参加中です 
 プロフィール 
HN:
為替熊猫(パンダ)
性別:
非公開
職業:
ネオニートが目標!
趣味:
ダラダラだらっくま
自己紹介:
投資とは自分の代わりに「お金」に働いてもらう事です。FXで夢の金利生活を目指して、みんなで頑張りましょう♪
 サイト紹介のお勧め業者 

←手数料無料、スプレッド最低クラス、信託完備、そして値洗いが無いので決済しない限り税金が有利な業者です

 「為替-オンライントレード-INV@ST」←FXで利益が出た時の税金が一律20%と超有利なくりっく365で、No1のシェアを誇る業者。デイトレの取引手数料無料!!


会社だけでなく、キャッシングの不安や疑問、一本化等の情報も満載のサイト
 くまカウンター 
▼ バーコード
▼ 注目の情報!
▼ 注目の情報その1
▼ FX NEWS

-外国為替-