忍者ブログ

[PR]

2017.08.19 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FXの大きな特徴

それでは、前回FXの儲ける手段を書きましたので、
今回は、FXの大きな特徴を書いていきたいと思います。

その1 レバレッジ

外国為替証拠金取引とは、
外国為替の売買を、証拠金を担保に
その証拠金の何倍もの取引単位で行える金融商品です。

レバレッジとは、「てこ」と言う意味で、
少ない力で、大きな力を動かす事を意味します。

FX業者(為替市場と個人間との取引を仲介する業者)
によって証拠金及び倍率上限は異なりますが、
低い所で10倍、高い所だと100倍、400倍!なんて所も。

株の信用取引で最大3倍と言う事を考えると、
少ない資金で相当に大きな取引が出来ると言う事です。

例えば、1ドル100円として本来10万円なら、
100000円÷100円=1000通貨しか購入できませんが、
10倍のレバレッジで取引すると、
購入数も10倍の10000通貨を購入できます。
もちろん為替利益(損益)も1万通貨分、
スワップ金利も1万通貨分受け取れます。


その2 マージンコール(MC)強制ロスカット(LC)

先ほどの、レバレッジと関係してMC、LCと言うものが
FXにはあります。

マージンコールとは、証拠金金額が業者の決めた割合まで
損失により減ってしまった場合
「証拠金が少なくなってきたから、お金を追加しなさい」と
取引先FX業者に警告されることです。

この、業者が決めた割合というのが、「維持率」といい
FX業者により「マージンコール維持率」は違ってきます。


強制ロスカットとは、証拠金金額が業者の決めた割合まで
損失により減ってしまった場合
「証拠金が少なくなってきたから、強制決済します」と
取引先FX業者に自動的に決済されることです。

以上の2つは、
証拠金以上の損失にならないリスク管理といえるでしょう。

例えば、
為替レート1ドル100円、保証金10万円としましょう。

レバレッジ10倍でアメリカドル1万ドル買いました。
そうしたら、どんどん円高が進み1ドル99円に・・・・
100円⇒99円 1ドル当たり1円の損

1円の損というのは、1万ドル買っていたので 
1円×1万ドルで10万円の損となります。
1円の円高で資金が全部無くなる事になります。

さらに、同じく10万円の資金で

レバレッジ100倍でアメリカドル10万ドル買いました。
そうしたら、どんどん円高が進み1ドル99.90円に・・・・
100円⇒99.90円 1ドル当たり10銭の損

10銭の損というのは、10万ドル買っていたので 
10銭×10万ドルで10万円の損となります。
10銭の円高で資金が全部無くなる事になります。

さらに言えば、同じ1円の値動きによる損失でも
10 倍で 1万通貨購入なら 10万円の損失。
100倍で10万通貨購入なら100万円の損失。となります。

逆に利益の方に傾いた時は利益が10倍になります。

つまり、レバレッジが大きくなればなるほど、
為替リスクも大きくなると言う事です。

リスク管理をしっかりする事がFX取引には重要なのです。

資金にレバレッジ(てこ)を効かせて、
為替差益でもスワップ金利でも大きく狙うと言うのが
FX取引の特徴であると言えます。



ニュースで話題の4億円脱税の主婦がやっていた投資!外国為替(FX)の徹底比較!
PR
 ランキング参加中です 
 プロフィール 
HN:
為替熊猫(パンダ)
性別:
非公開
職業:
ネオニートが目標!
趣味:
ダラダラだらっくま
自己紹介:
投資とは自分の代わりに「お金」に働いてもらう事です。FXで夢の金利生活を目指して、みんなで頑張りましょう♪
 サイト紹介のお勧め業者 

←手数料無料、スプレッド最低クラス、信託完備、そして値洗いが無いので決済しない限り税金が有利な業者です

 「為替-オンライントレード-INV@ST」←FXで利益が出た時の税金が一律20%と超有利なくりっく365で、No1のシェアを誇る業者。デイトレの取引手数料無料!!


会社だけでなく、キャッシングの不安や疑問、一本化等の情報も満載のサイト
 くまカウンター 
▼ バーコード
▼ 注目の情報!
▼ 注目の情報その1
▼ FX NEWS

-外国為替-